Verneeが顔認証の機能を搭載したタフネススマホ「Vernee V2 Pro」を発売

こんにちは、タフネススマホ大好きAibarです。

中華スマホメーカーのVerneeから、IP68の防水防塵に対応したタフネススマホ「Vernee V2 Pro」が発売されるようですね。

Verneeと言えば、私も「Active」というタフネススマホを購入して使っているんですが、デザインが良い端末で非常に気にいってます。

本当にタフネススマホ?落ち着いたデザインの「Vernee Active」外観レビュー
こんにちは、タフネススマホ大好きAibarです。 「GearBest」でタフネススマホ「Vernee Active」を購入したので、ま...

「Vernee V2 Pro」とは

Verneeタフネススマホ第2弾となる端末です。

1作目の「Activeはスタンダードな機能のタフネススマホでしたが、「V2 Pro」は昨今のトレンド(18:9ディスプレイデュアルカメラ顔認証)を取り入れた高機能な端末となっています。

背面のすべり止めのためのドットがタフネススマホ感を醸し出しているものの、「Active」と同様にタフネススマホにしては落ち着いたデザインとなっています。

ただデザイン的には「Activeに似ているわけではなく、どちらかといえばSamsungが北米で販売している「Galaxy S8 Active」に近い感じですね。

スペック

IP68等級という、最高レベルの防水・防塵性能を備えています。

OSにはVOS(Vernee OS)というAndroid 8.1 ベースの独自OSが搭載されています。

SoC(CPU)はMediaTek Helio P23を搭載。メインメモリは6GBストレージは64GBとなっています。ミドルレンジのスペックということで、ゲームをあまりプレイしない方なら通常の使用には全く問題のないレベルですね。

対応バンドは非常に多く、ドコモのプラチナバンド(B19)にも対応しています。

本体のサイズ(79.4 × 164.2 × 12.1mm)は少し大きめですが、5.99インチの液晶パネル6200mAhの大容量バッテリーを搭載したタフネススマホということを考えれば、ガンバっているほうだと思います。ただ本体重量は259gとかなりの重量級です。

OS VOS (Android 8.1 Oreo)
SoC(CPU) MediaTek Helio P23
オクタコア(2.0GHz×8)
メインメモリ 6GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC(最大128GB)
対応SIM nano SIM × 2
対応バンド 4G LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
TD-LTE 34/38/39/40/41

3G W-CDMA 1/2/4/5/8
CDMA2000 BC0/BC1
TD-SCDMA 34/39

2G GSM 850/900/1800/1900MHz

バッテリー容量 6200mAh
待受け可能時間 840時間
ディスプレイ 5.99インチ フルHD+(2160×1080)
カメラ アウト 2100万画素 + 500万画素
イン 1300万画素 + 500万画素
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g /n
Bluetooth Ver 4.0
センサー 加速度センサー
近接センサー
明るさセンサー
ジャイロ
電子コンパス
GPS GLONASS、AGPS
その他 NFC対応、指紋センサー
重量 259g
サイズ(幅×高さ×厚さ) 79.4 × 164.2 × 12.1mm

特長

IP68等級の性能を備えており、水深1.5mの水中でも30分間は動作する防水性能や99%の防塵性能があります。

動作可能温度は-30℃から60℃までとなっており、かなりの温度耐性があります。

前作「Active」と比較しても堅牢性が30%向上しています。

本体の背面には高耐久のポリカーボネートが使われており、サンドブラスト技術によって防汚性能が20%向上しており、またドットのデザインによってすべり止め特性が30%向上しています。

背面にはデュアルカメラ(2100万画素+500万画素)が搭載されており、0.03秒という非常に速いフォーカススピードとなっています。

前面もデュアルカメラ(1300万画素+500万画素)で、ビューティーモードを備えています。

心拍センサーが搭載されており、いつでも心拍数を計測することが可能です。

Face IDを搭載しており、顔認証によって0.2秒でロックを解除できます。

6200mAhのバッテリーとVOS(Vernee OS)の省電力技術によって840時間の待ち受けが可能となっており、通常の使用であれば3日間、VOSのパワーセービングモードであれば4日間の使用が可能となっています。

9V/2Aの急速充電に対応しており、60分で65%の充電また150分でフル充電が可能です。

6つの通信方式で28のバンドに対応しており、LTEだけでも16のバンドに対応しています。

まとめ

前作「Active」と同様にタフネススマホにしては落ち着いたデザインとなっているので、いかにもタフネススマホといった感じのいかついデザインが苦手な方にもオススメできる端末だと思います。

スペック的にもミドルレンジメモリやストレージも大容量となっており、デュアルカメラ顔認証といった機能も搭載しているので、メイン端末としての充分使えますね。

これからの季節、海や山といったアウトドアにちょうどいい端末じゃないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)