ノッチ付きディスプレイ搭載のタフネススマホ「Ulefone Armor 5」登場

こんにちは、タフネススマホ大好きAibarです。

中華スマホメーカーのUlefoneから、ノッチ付きディスプレイを搭載したタフネススマホ「Armor5」が発売されるようですね。

Armorシリーズを「Armor」「Armor 2」と使ってきたものとしては、「Armor 5」も非常に興味があるわけなんですが「3」じゃなくていきなり「5」なんですね。

まあネーミングだけの話なのでどうでもいいことなんですが、ちょっと気になります。

【防水防塵・耐衝撃スマホ】Ulefone Armor 外観レビュー
「Ulefone Armor」というSIMフリーのタフネススマホを購入したのでレビューをしていこうと思います。 今回は主に端末の外観を...
あのタフネススマホが帰ってきた「Ulefone Armor 2」外観レビュー
こんにちは、タフネススマホ大好きAibarです。 GeekBuyingで注文していた「Ulefone Armor 2」がようやく届いた...

Ulefone Armor 5 とは

Ulefoneのタフネススマホ Armorシリーズの最新端末です。

デュアルカメラ、顔認証、ワイヤレス充電といった機能に加えて、タフネススマホとしては世界初となるノッチ付きディスプレイを搭載しており、スマホのトレンドを意識した端末となっています。

スペック

タフネススマホであれば当たり前ともいえるIP68等級という、最高レベルの防水・防塵性能を備えています。

OSにはAndroid 8.1 Oreoが搭載されています。

SoC(CPU)には最近のミドルレンジ端末ではおなじみのMediaTek Helio P23を搭載。メインメモリは4GBストレージは64GBとなっています。スペック的にはゲームをあまりプレイしない方なら通常の使用には全く問題のないレベルですね。

対応バンドは少なめで、ドコモのプラチナバンド(B19)に対応していないのがちょっと残念ですね。基本的にソフトバンク系のネットワークならOKという感じでしょうか。

本体のサイズ(76 × 158.3 × 12.6mm)は少し大きめですが、5.85インチの液晶パネルを搭載したタフネススマホということを考えれば、まあ普通サイズといったところでしょうか。ただ、5000mAhのバッテリーを搭載していることもあり本体重量は228g重量級となっています

OS Android 8.1 Oreo
SoC(CPU) MediaTek Helio P23
オクタコア(2.0GHz×8)
メインメモリ 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC(最大256GB)
対応SIM nano SIM × 2
DSDS(Dual sim dual stanby)
対応バンド 4G LTE 1/3/7/8/20
3G W-CDMA 1/5/8
2G GSM 850/900/1800/1900MHz
バッテリー容量 5000mAh
待受け可能時間 440時間
通話可能時間 18時間
ディスプレイ 5.85インチ (1512×720)
カメラ アウト 1300万画素 + 500万画素
イン 800万画素
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g /n
Bluetooth Ver 4.0
センサー 加速度センサー
近接センサー
明るさセンサー
ジャイロ
電子コンパス
GPS GLONASS、GPS
その他 ワイヤレス充電、NFC対応、指紋センサー
重量 228g
サイズ(幅×高さ×厚さ) 76 × 158.3 × 12.6mm

特長

5.85インチのノッチ付きディスプレイを搭載。

画面比率は18.9 : 9で本体に占める画面の割合は91%にもなります。

IP68等級の性能を備えており、水深1.5mの水中で1時間、1メートルのコンクリートの中で24時間動作することができます。

バックパネルにはアクリルを使用しており、素晴らしいデザインでありながらもひっかき傷や摩耗に強い耐性があります。

背面にはデュアルカメラ(1600万画素相当+500万画素)を搭載しており、フルHDサイズの動画を撮影可能となっています。

前面には1300万画素相当のカメラを搭載しており、自撮り用のビューティーモードを備えています。

5000mAhの大容量バッテリーと省電力管理によって、1回の充電で丸一日安心して使用することができます。440時間の待ち受けに18時間の通話、38時間の音楽再生、10時間の動画再生が可能となっています。

急速充電に対応しており、わずか3時間でフル充電が可能です。

Qiの10Wワイヤレス充電に対応しています。

OTG(On-The-Go)機能を搭載しており、PCを使わずに他の端末へデータ転送を行ったり、他の端末へ対しての逆充電を行うことができます。

顔認証(0.2秒で解除可能)と指紋認証(0.1秒で解除可能)の機能を搭載しています。

NFCに対応しており、Google Payもサポートしています。

独立したHiFiチップセット(AW8736)を搭載しており、素晴らしいオーディオ性能で素敵な体験を提供します。

デュアル4GLTEに対応しており、2つの電話番号による待ち受けにも対応しています。

まとめ

「Armor 5」はスペック的には完全なタフネススマホですが、ノッチ付きディスプレイを搭載したり、美しい背面デザインなど今までのタフネススマホとは一線を画していますね。

顔認証やワイヤレス充電など多くのトレンドとなる機能を搭載しているので、普通のスマホとしても遜色ないスペックになっています。

厚みや重量は少しありますが、普段使いとしても全く問題のないレベルに仕上がっているので、タフネススマホのデザインはちょっとという方にもオススメできる端末だと思います。

購入してレビューをする予定なので、楽しみにしていて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)