あのタフネスケータイが復活!「TORQUE X01」

先日行われた、auの2017年春モデル発表会は正直いって全く興味がなかったのですが、ある端末を見て目が釘付けになりました。

「これって、もしかしてG’zOne TYPE-Xの後継機?」

その端末とは、京セラの「TORQUE X01」というフィーチャーフォンタイプの端末でした。

TORQUE X01とは

ご存知の方も多いでしょうが、TORQUEは京セラのタフネスケータイのブランドです。

そのTORQUEブランドで、au向けとしては初となるフィーチャーフォンタイプの端末を発表しました。それが「TORQUE X01」です。

その特徴はとにかくタフで、アウトドア向けの機能が充実していることです。

MIL-STD-810Gに準拠

米国国防総省が定める耐久試験MIL-STD-810Gの18項目に準拠しており、さらに京セラ独自の落下試験(高さ1.8mからの鉄板・コンクリートへの落下試験)もクリアしているそうです。

18項目の耐久試験とは以下のようになっています。

1 防水 風雨 7 温度耐久 高温動作 13 耐氷結 氷・低温雨
2 浸漬 8 高温保管 14 凍結-融解
3 雨滴 9 低温動作 15 防湿
4 防塵 10 低温保管 16 耐日射
5 耐衝撃 落下 11 温度衝撃 17 低圧対応 低圧動作
6 衝撃 12 耐振動 18 低圧保管

スマートフォンの「TORQUE G02」のように耐海水ではないみたいですね。

センサーアプリ「OUTDOOR PORTAL」を搭載

アウトドアで役に立つ、8種類のセンサーアプリを搭載しています。

  • 天気
  • 湿度
  • 気圧・高度
  • 気圧・天気予想
  • コンパス
  • 歩数
  • 潮汐
  • 魚の活性度

一番下の魚の活性度は、釣りをする人向けの機能です。

アウトドアで便利な機能群

その他にも、アウトドアでの様々な事態を想定して、簡易ライト機能や、山で迷った時の「ホイッスル音」、「クマ鈴」といった音声も用意されています。

買うべきか、買わざるべきか

この「TORQUE X01」を見た瞬間に、すごく惹かれるものを感じました。というもの、私が愛用している「G’zOne TYPE-X」にそっくりだったからです。

ちなみに、この写真が今使っている「G’zOne TYPE-X」です。

CASIOが販売していたG’zOneシリーズはストレートタイプの初代から使っていますが、とにかく頑丈なのが売りです。

この端末も使い始めてから、5年半ぐらいになるのですが全く壊れる気配がありません。

スペック的には、今の端末と比ぶべくもないですが、フィーチャーフォンなんで特に問題なく使えてますし、この端末はスペックどうこうでは語れない魅力が詰まっています。

このまま壊れなかったら、3Gの通信が終わるまで使いつづけるつもりだったのですが、「TORQUE X01」を見てちょっと浮気心がでてきました。

買うべきか、買わざるべきか、それが問題だ。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)