使えば分かる!Try UQ mobileを体験してみた

UQ mobileを試してみたいなと思い立って、Try UQ mobileを申し込んでみたところ
何と、翌日には端末が届きました。

いい仕事してますね、UQ mobileさん。

Try UQ mobileを初体験

Try UQ mobileはこんなパッケージで届きました。

レンタルビデオの貸し出し袋みたいですね。

パッケージの中身

パッケージを開けるとこんな感じです。

左の黒い物体は、ちょっと固めのスポンジでできた容器です。
あとは、以下のようなものが同封されています。

  • 返却用のゆうパック伝票
  • 返却方法などを記載したカード
  • チラシ

黒い容器の中身

中には端末(AQUOS L)と充電器とマニュアルが入ってます。

これで全部です。

必要最低限って感じですね。

UQ mobileを使ってみた

Speedtestというアプリを使って通信速度を計測してみました。
(2017年1月6日に大阪市中央区にて)

9時頃

ダウンロードが10Mbpsを越えてるし、アップロードはもっと早い。

12時頃

お昼はさすがにダウンロードが遅くなってる。

17時頃

夕方はダウンロードが20Mbpsを越えててかなり早い。

結果はどうなの?

Speedtestの結果をみる限りは、通信速度は結構速いですね。

実際、しばらく使ってみた感覚としても、
ストレスを感じることはほとんどありませんでした。

特にアプリのダウンロードは速いなと思うことが度々ありました。

返却時に問題発生

Try UQ mobileの体験期間も終わりに近づき、返却準備を始めたときに
ちょっとした問題が発生しました。

どのような問題だったのか?

返却方法を記載したカードが入っていたので、
それを見ながら、端末を初期化しようとしました。

今までにも、Androidの端末初期化はやったことがあったので
いつもと一緒だなと思いつつ端末を操作していると、以下のような画面が表示されたのです。

えっ、セキュリティキーって何?
そんなん、初期化手順のどこにも書いてへんけど。

これやったら、初期化できひんやん。

と、ひとりごとを言った後にピンときました。

初期化された状態で貸し出されているはずなので、
セキュリティキーはデフォルト状態のはず。

ということは「1234」辺りかなと思いつつ入力してみるとBINGO!!
無事に初期化することができました。

実は、セキュリティキーは記載されていた

もしかしたら、マニュアルにセキュリティキーが書いてあるかもと思い読み直してみると、「設定ガイド」にこんな一文が

※お買い上げ時のセキュリティキーは「1234」に設定されています。

ちゃんと書いてありました。

まとめ

初めて、UQ mobileを使ってみましたが、
ほぼストレスを感じることもなく、誰が使っても満足できると思います。

au系のSIMに対応した端末を持っているならば、一度試したほうがいいですよ。

すでに格安SIMを使っている人も、まだ使ってない人も
Try UQ mobileを、申し込んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)