使えば分かる!Try UQ mobileを申し込んでみた

格安SIM使ってますか?

最近はあちこちで、格安SIMの広告やCMを見かけるようになりましたが
まだ、使ったことがないという人も多いと思います。

興味はあっても、なかなか格安SIMを使うとこまでいかないですよね。

そういった人にオススメしたいのが、Try UQ mobileというサービスです。

Try UQ mobileって何?

Try UQ mobileはUQ mobileが2016年7月1日から開始したサービスで
その名前の通り、UQ mobileを体験することができます。それも15日間無料です。

 この15日間には、機器の配送期間(UQ mobileが貸出機器を発送して手元に届くまで)と、返却期間(貸出機器を送り返してUQ mobileに到着するまで)も含まれているので、実際に体験できる期間は数日短くなります。

通常、格安SIMを選ぶときって、比較サイトなんかを参考にすることが多いんですが
使ってみないと分からないことが多いので、こういったサービスは非常にありがたいです。

申し込むのに、何か条件はあるの?

基本的に難しい条件はないのですが、以下のような内容が記載されています。

【お申し込み条件】
  • 日本国内に在住の20歳以上の方(実際にご利用される方も20歳以上であること)
  • お申し込み者ご本人様名義のクレジットカードをご登録いただける方
  • 過去180日間以内に本サービスのご利用履歴がない方、また貸出機器の未返却履歴のない方
  • その他、本サービス利用規約に同意いただける方

無料なのに、クレジットカードの登録が必要なのって感じですが
貸し出した機器が返却されなかった場合に、ここから代金が支払われるようです。

注意事項にこの様な一文がありました。

お申し込み手続き完了後、ご登録いただいたクレジットカードのショッピング利用枠を一時的に機器購入代金相当額分確保させていただきます。

体験できるのはSIMだけ?

UQ mobileのSIMだけを試せるのかなと思っていたのですが、
よく確認してみたら端末も借りられるようになってました。

ちなみに、貸出端末とSIMは以下の様になってます。(2017年1月現在)

  • AQUOS L ※
  • P9 lite PREMIUM ※
  • DIGNO L ※
  • micro SIM/nano SIM
  • マルチSIM

※ 端末+対応SIM

Try UQ mobileの申込手順

Try UQ mobileのページから申し込みを行います。

「Try UQ mobileのお申し込み」リンクを選択する

仮登録のページで「申し込む」ボタンを押す

メールアドレスを入力して「仮登録」ボタンを押す

メールアドレス(Gmailなど)携帯メールアドレスを入力して「仮登録」ボタンを押します。

【2017年5月9日 追記】
現在は携帯メールアドレスを持っていない人向けにSMS(携帯電話番号)を選択できるようになっています。

ここでいう携帯メールアドレスとは基本的にキャリアのメールアドレス
ドメイン部分を以下から選択するようになっています。

  • DoCoMo (docomo.ne.jp)
  • au (ezweb.ne.jp)
  • SoftBank (softbank.ne.jp、i.softbank.jp、vodafone.ne.jp)
  • ディズニーモバイル (disney.ne.jp)
  • Y!mobile (ymobile.ne.jp、yahoo.ne.jp など)
  • Willcom (willcom.ne.jp、wcm.ne.jp など)
  • UQ mobile (uqmobile.jp)
  • PC DEPOT (ozzio.jp)

仮登録完了

仮登録完了の画面が表示され、
入力したメールアドレスには「認証URL」が記載されたメールが、
携帯メールアドレスには「開通コード」が記載されたメールが届きます。

開通コードの入力

ここで先ほどの「認証URL」にアクセスすると、開通コード入力の画面が表示されるので
「開通コード」を入力して確認ボタンを押します。

お申し込み情報を入力して申し込み完了

ようやく「Try UQ mobile レンタル お申し込み 入力画面」が表示されるので
希望の利用機器や個人情報などを入力して、申し込みが完了します。

今回はSIMだけでなく、UQ mobileの端末も使ってみたかったので
2016年12月に発売されたばかりの、AQUOS Lを借りてみることにしました。

あとは待つだけ

申し込みが完了すると、「Try UQ mobile レンタル本申込登録完了」というメールが届き、
機器が発送されると、「Try UQ mobile レンタル機器出荷完了」というメールが届きます。

Try UQ mobile レンタル機器出荷完了」メール本文には返却期限日などの情報が記載されているので、きちんと確認しておく必要があります。

その後、早ければ1日で、遅くとも2、3日中には機器が手元に届きます。

まとめ

Try UQ mobileは非常に良いサービスでオススメできるのですが、
1つだけ気になることがあります。

それは、申し込みにキャリアのメールアドレスが必要だということ。
格安SIMしか使ってない人は、Try UQ mobileを利用できないってことですよね。

基本的にはキャリアの端末からの、乗り換えを狙ってるだろうから
これでいいのかもしれないけど、ちょっと残念な気がします。

現在キャリア端末を使っていて、格安SIMを試してみたいと思っている方は
Try UQ mobileを申し込んでみてはいかがでしょうか。

【2017年5月9日 修正】
私がTry UQ mobileを申し込んだ際はキャリアのメールアドレスが必要ということで、ちょっと気になってたんですが、現在はキャリアのメールアドレスを持ってなくても申し込めるように、SMS(携帯電話番号)の選択肢が用意されています。

キャリア端末を持っていないためにTry UQ mobileへの申し込みをあきらめていた方も、今ならSMSありの格安SIMさえ使っていれば申し込むことができるようになっています。

現在キャリア端末またはSMSありの格安SIM使っていて、UQ mobileを試してみたいと思っている方は、Try UQ mobileを申し込んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)